草コイン:ELF(エルフ)の草コインの概要

エルフコイン

ELF(エルフ)とはイーサリアムやNEOと同じようなプラットフォーム型のブロックチェーン

⇒誰でも利用とカスタマイズが簡単に出来るプラットフォーム型ブロックチェーン

⇒ELF(エルフ)のプラットフォーム上で使える草コインがELFということです

⇒通貨単位がELFです

⇒最大発行枚数は10億万枚

⇒ELF(エルフ)の公式サイトはこちらです

⇒ELF(エルフ)のホワイトペーパーはこちらです

【草コインのELF(エルフ)の価格・チャートなど】

ELF(エルフ)の機能・性能・実用性は?

⇒サイドチェーンを実装

・仮想通貨のLISKと同じサイドチェーンを有する草コインです

・サイドチェーンを実装することでハードフォークが必要なくなる

・処理能力が向上する

⇒オペレーティングシステムが向上できる

・ELF(エルフ)はブロックチェーンの「Linuxシステム」を目指しているとのこと

・アプリケーション同士をつなぐことが出来る

ELF(エルフ)の将来性は?

プラットフォーム型の仮想通貨にはイーサリアムやNEOなどの強力なライバルがおります。

これらの強力なライバルに対していかにして優位性を持っていけるかによって普及度も違ってくるでしょう。

プラットフォーム型のシステムは、分散型取引所やアプロケーションの作成など汎用性が高いのでこれからの時代将来性はあると思います☆

ELF(エルフ)の総評

今の時点ではイーサリアムやリスク、NEOなどに後れを取っている印象を感じます。

仮想通貨としての値段も1ドルくらい(100円くらい)で正に草コインのレベルです。

今後の発展と普及と値上がりに期待ですね!

ELF(エルフ)の草コインが購入できる仮想通貨取引所は?

ELF(エルフ)は国内仮想通貨取引所には上場しておりません。

購入する場合は海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

世界最大級の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所で購入が可能です!

海外の仮想通貨取引所の口座開設は非常に簡単です!

誰でも今すぐ5分位で出来ますので開設してみましょう!

誰でも出来る!草コイン(マイナーで格安な仮想通貨)の簡単な購入方法