草コイン:MTL(メタル)の草コインの概要

⇒MTL(メタル)とは法定通貨の決済や仮想通貨の決済などを日常生活の中で簡単に行えるアプリケーションを目指す

・電話番号を使ってスピード送金、決済できるのが特徴です。

・草コインであるMTLは送金の橋渡し的なブリッジ通貨として利用されます。

⇒通貨単位はMTL

⇒リリースは2017年6月

⇒発行上限枚数は6千6百万枚

⇒ERC20トークン(イーサリアムベース)

⇒アルゴリズムはProof of Processed Payments

公式ホームページはこちらです

ホワイトペーパーはこちらです

MTL(メタル)の機能・性能・実用性は?

(スポンサードリンク)



⇒法定通貨と仮想通貨の管理や個人間での支払いができるアプリケーションです。

⇒法定通貨やビットコインやその他のアルトコインなどが簡単な操作(電話番号のみ)で送金、決済できる仕組み

⇒MTLの草コイン自体は法定通貨、ビットコインや、他のアルトコインなど利用可能な仮想通貨の橋渡し的存在として機能。

ブリッジ通貨

・リップルやステラに近い

⇒MTL(メタル)のアプリケーションを使って使用や購入により5%のMTLの草コインが獲得できます

⇒独自アルゴリズムである「Proof of Processed Payments」を活用してユーザーに報酬を与えます。

⇒MTL(メタル)は電話番号のみならずパスポート番号、クレジットカード情報、個人の顔写真を登録することによって個人情報とウォレット情報を紐づけします。

・個人が複数のアドレスを持つことができないようにしております。

・一人で複数のアドレスを持って不正や他者に不利益を与えることが無いようにしております。

MTL(メタル)の将来性は?

⇒まだ開発途上ですが著名で強い開発陣が揃っているのが強みであり、それだけを見れば将来性も感じます。

・電話番号で送金、決済できるお手軽性も将来支持されるかもしれません。

・開発の進捗状況がよく把握できないのが少し不安でもあります。

MTL(メタル)の総評

コンセプトやアイデアは申し分ありませんし、技術の開発陣も申し分ありません。

ただ開発やプロダクトが完成している訳ではなく、果たして進んでいるのかどうかもよく分からないのが悩ましいところです。

私はとりあえずMTLを少額だけ保有して様子見でしょうかね・・・。

MTL(メタル)の草コインが購入できる仮想通貨取引所は?

MTL(メタル)の草コインは国内取引所では上場しておりません。

海外の世界最大級の仮想通貨取引所のバイナンス取引所で簡単に購入可能です。

⇒MTL(メタル)の草コインを購入希望の方は以下をご覧ください(とっても簡単です!)

草コイン投資はハイリスク・ハイリターンです。

自己責任で実践されてください。

(スポンサードリンク)