草コイン:SUB(サブストラタム)の草コインの概要

⇒SUB(サブストラタム)は検閲や規制を受けずに世界中で自由にインターネット空間を利用できる高度分散型ネットワークです。

⇒SUB(サブストラタム)はブロックチェーンの技術を活かしてインターネットへの接続に匿名性を実現

・つまり検閲や規制を受けずにインターネットのコンテンツの提供や閲覧、利用が出来ます、

⇒簡単に言うと・・・SUB(サブストラタム)は世界中のインターネットを自由で公平なものにしようとするプログラムといえます。

⇒2017年9月にリリース

⇒通貨単位は「SUB」です

⇒発行枚数上限は5億3千万枚

⇒ERC20トークン(イーサリアムベース)

⇒SUB(サブストラタム)の公式ホームページはこちらです

【SUB(サブストラタム)の価格やチャート】

SUB(サブストラタム)の機能・性能・実用性は?

(スポンサードリンク)



⇒独自のブロックチェーン技術を用いて、世界中に存在するパソコンやスマートフォンを繋ぐ、高度な分散型ネットワークの構築

⇒SUB(サブストラタム)の独自のブロックチェーン技術を用いて世界中のユーザーのパソコンやスマートフォンを通してネットワークに参加出来る事を目指す。

⇒SUB(サブストラタム)を導入したパソコンやスマホは、そのブラウザを通じて、すべてのウェブサイトが均等かつ公平な立場でコンテンツの発信等を行える。

⇒SUB(サブストラタム)の仕組みを使う事で、インターネットの閲覧の規制や検閲が行われている一部の国でも閲覧やデータ取得が可能となる。

⇒また一方で、悪意を持ったコンテンツがSubstratumのネットワーク上に含まれている場合は、その内容の賛否について投票などが行われます。


・投票したネットワークの参加者から同意が得らた場合悪意あるコンテンツはすぐに削除されます。

⇒SUB(サブストラタム)を利用することで国籍や検閲、規制関係なく自作のコンテンツを配信できます。

・また一方でコンテンツの閲覧やダウンロードも出来ます。

⇒SUB(サブストラタム)でコンテンツ提供者にはSUBの草コインが報酬として受け取れます。

⇒またSUB(サブストラタム)の利用者は手持ちのパソコンやスマホの空き容量をブラウザを通して提供することでその見返りとしてSUBの草コインを報酬として受け取れる。

SUB(サブストラタム)の将来性は?

世界にはインターネットの情報、コンテンツなどを規制や検閲を理由に自由に閲覧&利用できない国の人も数多くおります。

そういう国の人達が自由にネットのコンテンツや情報が利用できれば素晴らしいと思います。

検閲や規制に苦しむ大勢の人たちに支持されればSUB(サブストラタム)も大いに伸びるでしょうし将来性もあります。

ただ開発やプロダクトが完成している訳では無いので今後の進行状況次第となります。

途中で開発が頓挫でもしなければ・・・ですね。

SUB(サブストラタム)の総評

利用者には報酬が受け取れるというアイデア、コンセプトは斬新かつユニークであります。

検閲や規制の激しい国では需要もありそうです。

ただこのプロジェクトをどのように世界に広げていくかがSUB(サブストラタム)発展のカギとなります。

SUB(サブストラタム)の草コインが購入できる仮想通貨取引所は?

SUB(サブストラタム)は現在は国内の主要仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入したい場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【SUB(サブストラタム)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでSUB(サブストラタム)などの草コインが購入できます!