草コイン:NULS(ナルス)の草コインの概要

⇒NULS(ナルス)とは分散型アプリケーション(dappps)の開発プラットフォームです。

・NULS(ナルス)の技術を使う事で様々な企業がブロックチェーン技術を利用しやすくなると期待されてます。

⇒つまり誰でもブロックチェーン技術が使えるプラットフォームを目指しております。

⇒NULS(ナルス)のリリースは2017年9月でした

⇒NULS(ナルス)の発行枚数上限は4千万枚です。

⇒NULS(ナルス)は独自のアルゴリズム「PoC(Proof of Credit)」を導入しております。

⇒NULS(ナルス)の公式ホームページはこちらです。

⇒NULS(ナルス)のホワイトペーパーはこちらです。

NULS(ナルス)の機能・性能・実用性は?

(スポンサードリンク)



⇒NULS(ナルス)は企業向けのアプリケーション開発プラットフォームであり、誰でもブロックチェーン技術が簡単に使えるシステムを目指しております。

様々なブロックチェーン技術を組み合わせることが可能の独自のDApps(分散型アプリケーション)を導入

⇒NULS(ナルス)はスマートコントラクトが実装されており、これにより自由なプログラミングが出来るブロックチェーンを使用しております。

⇒NULS(ナルス)のスマートコントラクトは専門的なプログラミング知識は不要です。

・つまり誰でも簡単に独自のアプリケーションを分散型ネットワークに導入できるよう設計されております。

※イーサリアムの場合は特殊なプログラム言語を使い導入には少しハードルが高い

⇒NULS(ナルス)のブロックチェーンは「ロジックレイヤー」「モジュールレイヤー」「チェーンレイヤー」「クロスチェーン」の4つの層に分かれております。

・それぞれ4つのブロックチェーンは互いを圧迫しません

・ロジックレイヤーはスマートコントラクトが利用可能

・モジュールレイヤーはカスタマイズに優れたブロックチェーン

・チェーンレイヤーはモジュールレイヤーを繋ぎ合わせてカスタマイズできるブロックチェーン

・クロスチェーンはチェーンレイヤーの繋ぎ合わせの時に使うブロックチェーンです。

NULS(ナルス)の将来性は?

⇒使いやすさ、分かりやすさ、万人向けにブロックチェーン技術を用いたアプリケーション利用の仕組みは評価できます

⇒コンセプトそのものは将来性はあります。

⇒しかし、現状ではマイナーコインの枠を抜け出せず、イーサリアムなどのメジャー仮想通貨に比べてどれだけ優位性を広められるかがカギとなるでしょう。

⇒多くの人に認知され、多くの人にNULS(ナルス)の存在を知られるようになれば、この草コインももっと騰がるでしょう。

⇒あとプロダクト開発の進行次第でもあります。

NULS(ナルス)の総評

⇒ブロックチェーン技術のスキマ的存在といえます。

・この高い独自技術が多くの人に知られてこそなので、マーケティングやプレゼン、セールスが今後どのように上手くいくかによって違ってくると思います。

・個人的には面白いコンセプトのプラットフォームであり、草コインだと思います。

NULS(ナルス)の草コインが購入できる仮想通貨取引所は?

NULS(ナルス)は現在は国内の主要仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入したい場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【NULS(ナルス)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでNULS(ナルス)などの草コインが購入できます!