草コイン:WTC(ウォルトン)の草コインの概要

⇒WTC(ウォルトン)はブロックチェーン技術とRFID技術を組み合わせたプラットフォームを目指す。

⇒Waltonの名前の由来はCharlie Walton(チャーリー・ワルトン)という人物から来ております。

※Charlie Walton(チャーリー・ワルトン)はRFIDの技術を発明ました。

※RFIDの技術は、電子身分証明書、乗車カード、高速道路料金請求、モバイル決済、電子マネー、クレジットカード決済などなど世界中の色々な電子技術で応用されております。

⇒通貨単位はWalton(WTC)

⇒WTC(ウォルトン)のリリースは2016年11月

⇒WTC(ウォルトン)の最高発行万枚は1億枚

⇒WTC(ウォルトン)のアルゴリズムはPoST(Proof of Stake & Trust)

⇒WTC(ウォルトン)の公式サイト

⇒WTC(ウォルトン)のコミュニティ

⇒WTC(ウォルトン)の草コインの値段とチャートは?

WTC(ウォルトン)の機能・性能・実用性は?

(スポンサードリンク)



⇒WTC(ウォルトン)はブロックチェーン技術とRFID技術とスマートコントラクトの技術を組み合わせたプラットフォームを構築。

製造、流通、物流、商品管理の効率化、スピード化、スムーズ化を目指す。

・WTC(ウォルトン)のプラットフォームで利用できる草コイン(仮想通貨)がウォルトンコインです。

・商品の偽造も防止できます。

・流通で製造や販売などのモノの流れを追跡することが可能。

・人件費のコスト削減も実現可能。

⇒WTC(ウォルトン)はIOT(モノのインターネット)の技術とも融合

※ウォルトンと同じ傾向の関連草コインといえばアイオタ(IOTA)があります。

⇒WTC(ウォルトン)の仮想通貨ベースはERC20トークン(イーサリアムベース)

・つまりスマートコントラクトを実装

WTC(ウォルトン)の将来性は?

ブロックチェーン+スマートコントラクト+RFID+IOTなど組み合わさった技術はビジネスや産業で大いに需要が増すと思われます。

将来はは十分にあるかと思います。

WTC(ウォルトン)の総評

⇒今後のWTC(ウォルトン)のプラットフォームの技術開発とプロダクト開発がどれだけ進むかによってウォルトンコインの草コインの価値も変わってくるかと思います。

・今後2~3年の行方をウォッチしつつウォルトンの草コインを仕込んでおくのも悪くは無いでしょう。

・私も少額ではありますが買っております。

WTC(ウォルトン)の草コインが購入できる仮想通貨取引所は?

WTC(ウォルトン)は現在は国内の主要仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入したい場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【WTC(ウォルトン)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでWTC(ウォルトン)などの草コインが購入できます!