草コイン:IOS(アイオーエストークン)の概要

アイオーエストークン

「IOS(Internet Of Service)※インターネットのサービス」という、プラットフォームを開発するプロジェクトです

⇒つまり・・・次世代のオンラインサービスプロバイダー向けのプラットフォームのサービスです。

IOS(Internet Of Service)のプラットフォームで利用する草コインがIOS(アイオーエストークン)です。

シンガポールで設立された非営利団体です。

⇒IOSはブロックチェーンを利用したオンラインサービス提供者向けのネットワークインフラをも構築。(主に事業者向け)

⇒大規模なdApps(分散型アプリケーション)のサービスを開発

⇒IOSは独自の技術であるEDS(Efficient Distributed Sharding)を駆使してネットワークを高速化してスケーラビリティを向上させます。

⇒IOSのアルゴリズムは「POB(Proof of Believability)」という独自のシステムを使っています。

※POBはPOS(Proof of Stake)をベースにランダム化されたアルゴリズムです。

⇒リリースは2018年の1月

⇒発行上限は210億万枚

⇒IOS(アイオーエストークン)の公式ホームページは

⇒IOS(アイオーエストークン)のホワイトペーパーは

IOS(アイオーエストークン)の機能・性能・実用性は?

(スポンサードリンク)



⇒法人、個人事業者向けに限定したブロックチェーンベースのオンライン・プロバイダーサービス

シャーディングという高速機能のデーターベスシステム

⇒IOSは利用者にオンラインサービスやデジタル商品を完全に分散した方法で提供(セキュリティ面で安全、低コストで提供できる)

⇒IOSが構築したApps(分散型アプリケーション)とイーサリアムベースのスマートコントラクトを実装しており、サービス提供者が自由にサービスプラットフォームを構築可能です。

IOS(アイオーエストークン)の将来性は?

⇒ブロックチェーンを使ったプロバイダーサービスは今後注目されるでしょうし、将来性もあるかと思います。

⇒ただ似たサービスを提供するライバルも多く、今後もライバルは増えていくかと思われます。

⇒ライバル相手にいかに差別化をして優位性を保持するかが今後の成長のカギといえます。

※ちなみにライバルといえばZIL(ジリカ)があります。

またNEOやイーサリアム、Qtumも強力なライバルとなりえるでしょう。

IOS(アイオーエストークン)の総評

⇒ブロックチェーンを採用したプロバイダーサービスの構想は面白いと思います。

⇒ブロックチェーンとIOS独自のシステムを使った高速でセキュリティも安心のプロバイダーが出来れば画期的なのは言うまでもありません。

⇒まだ始まったばかりのプロジェクトであり開発が完成している訳ではありません。

⇒IOSの草コインの今後の行方を見守りつつ、少量を投資するのもアリでしょう。

⇒ただ発行上限が200億枚以上と数が多すぎるので、価格の上昇力は限界があるのではと個人的には思います。

IOS(アイオーエストークン)が購入できる仮想通貨取引所は?

IOS(アイオーエストークン)は現在は国内の仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入する場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【IOS(アイオーエストークン)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでIOS(アイオーエストークン)などの草コインが購入できます!