草コイン:MCO(モナコ)の概要

⇒仮想通貨対応のデビットカードのサービス

⇒MCO(モナコ)はクレジットカード会社MONACO(香港が拠点)によって発行された仮想通貨(草コイン)です。

⇒MCO(モナコ)はイーサリアムベースのプラットフォーム

⇒MCO(モナコ)のプラットフォーム上で利用できる仮想通貨です。

⇒2017年5月にリリース

⇒発行上限は3億1千万枚

MONACOの公式ホームページはこちら

MCO(モナコ)の機能・性能・実用性は?

(スポンサードリンク)



⇒ビットコイン、イーサリアム、その他複数の仮想通貨で決済が可能のデビットカードのサービスを開発

⇒デビットカードのサービスは最大2%のキャッシュバック還元

⇒デビットカードは銀行手数料がかからず実質為替レートを用いて両替が可能

⇒ちなみにMCO(モナコ)の草コインを沢山持っていれば持っているほどデビットカードのグレードがアップしサービスも充実していきます。

(モナコカードのグレード例)

☆ミッドナイト ブルー(MCOコインは保有無しで発行可能)

☆ルビー スチール(50MCOコインを保有)

☆プレシャス メタル(500MCOコインを保有)

☆オブシディアン ブラック(5万MCOコインを保有)

⇒多種類の仮想通貨の保有・使用・両替が可能のシステム

モバイルアプリで資産運用が可能なシステムなど

⇒MONACO社が提示するビジョンは「仮想通貨を全てのウォレットに」です。

MCO(モナコ)の将来性は?

⇒草コインのMCO(モナコ)の将来性はあるかと思います。

・もう既にコイン価格も10ドル以上になっているので草コインの枠から抜け出した感もあります。

⇒経済成長と発展途上の著しいアジアを中心にサービスを提供していくので今後伸びていく可能性が高いです

⇒更にMCO(モナコ)コインの価格も上昇する可能性も高いでしょう。

⇒既に海外の色々な仮想通貨取引所に上場しており、今後も取り扱い取引所が増えて価格も上がるポテンシャルがあります。

MCO(モナコ)の総評

⇒既にMONACOというクレジットカード会社が存在しておりクレジットカードサービスを提供しているのが強み

⇒仮想通貨デビットカードの開発も着々と進んでいるような印象を感じます。

⇒他に仮想通貨デビットカードサービスのライバル会社としてTenX・テンエックス(PAY)CTR(セントラ)などがありますが、いかにライバル相手に差別化できるかが今後の成長のカギとなるでしょう。

⇒数ある草コインの中では比較的に堅実であり安定性もあります。

※コインの価格的には既に草コインの枠から抜け出しております

⇒将来性はあるので投資対象として良いと思います。

MCO(モナコ)が購入できる仮想通貨取引所は?

MCO(モナコ)は現在は国内の仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入する場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【MCO(モナコ)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでMCO(モナコ)などの草コインが購入できます!