草コイン:BCPT(ブロックメーソン)の概要

BCPT 仮想通貨

⇒BCPT(ブロックメーソン)は人々の債務と信用を半永久的に記録、保証するためのシステムです。

⇒BCPT(ブロックメーソン)のシステムを利用するのに利用される仮想通貨(草コイン)がBCPTです。

⇒BCPT(ブロックメーソン)は2017年10月にリリース

⇒BCPT(ブロックメーソン)はイーサリアムベースのブロックチェーン

⇒BCPT(ブロックメーソン)の発行上限は約1億1千万枚

⇒BCPT(ブロックメーソン)の公式ホームページ

⇒BCPT(ブロックメーソン)のホワイトペーパー

BCPT(ブロックメーソン)の機能・性能・実用性は?

(スポンサードリンク)



人々の債務と信用、保証をブロックチェーン上に記録していくので、改ざんができず信頼性を担保することが可能。

⇒データはスマートコントラクトを利用することで、第三者を介さずに契約する相手などの社会的信用や身元の確認などを行えます。

「クレジットプロトコル」という仕組みを使ってデータの記録方式(記録内容)を規定してスマートコントラクトで利用しやすいように開発されております。

⇒「クレジットプロトコル」の仕組みを利用するのに必要な手数料の支払いをBCPTトークン(仮想通貨)で行います。

BCPT(ブロックメーソン)の将来性は?

⇒今後はこの手の信用情報のデータを扱ったプラットフォームは増えていくと思います。

業種的には将来性はあると思います。

⇒BCPT(ブロックメーソン)がいかにこの仕組みを普及させていくかですね。

BCPT(ブロックメーソン)の総評

⇒個人の信用データを扱ったビジネスモデルは面白いと思います。

⇒イーサリアムベースのスマートコントラクトの仕組みと親和性が高く良いと思います。

⇒クレジットプロトコルのシステムがいかに今後普及していくかによってBCPTの草コインの価値も変わっていくと思います。

BCPT(ブロックメーソン)が購入できる仮想通貨取引所は?

BCPT(ブロックメーソン)は現在は国内の仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入する場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【BCPT(ブロックメーソン)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでBCPT(ブロックメーソン)などの草コインが購入できます!