草コイン:INS(アイエヌエスエコシステム)の概要

INS(アイエヌエスエコシステム)仮想通貨

⇒INS(アイエヌエスエコシステム)は食品の流通関連の草コインです。

⇒仮想通貨初の直接販売プラットフォームです。

⇒INS(アイエヌエスエコシステム)のホワイトペーパーは

INS(アイエヌエスエコシステム)の機能・性能・実用性は?

(スポンサードリンク)



⇒INS(アイエヌエスエコシステム)は分散型エコシステムを導入しているため、消費者は日常の買い物を食料品
メーカーから直接購入することで最大30%も節約が可能

⇒INS(アイエヌエスエコシステム)を利用することによってメーカーや直売者も小売店でかかる運送、販売、マーケティングなどのコストをカット出来てコストダウンが実現できる。

⇒要は・・・食料品の流通において「中間業者」を通さずに安く購入できるシステムということです。

⇒消費者はINS(アイエヌエスエコシステム)のプラットフォーム上の商品を注文することができ、生産者から直接商品を購入できる仕組み

⇒INS(アイエヌエスエコシステム)はスマートコントラクトの技術を利用して、メーカーや生産者の評価が出来る仕組みです。

⇒INS(アイエヌエスエコシステム)の利用時にINSのトークン(仮想通貨)を支払い通貨として使えます。

※他にも法定通貨、ビットコイン、イーサリアムでも決済が可能。

※INSの仮想通貨を使えば手数料が0でかからない。

INS(アイエヌエスエコシステム)の将来性は?

⇒食品市場のマーケットは年々拡大の右肩上がりの傾向なので将来性は十分にあると思います。

⇒INS(アイエヌエスエコシステム)のプラットフォームは今後更に拡充し充実していくと予想。

マクドナルド、インテルをはじめとする大手企業と提携しているので、今後も他の大手企業との提携が期待出来て将来性が期待できます。

⇒大手通販会社のアマゾンなどのライバル企業に対していかに優位性を持てるかが今後の成長のカギとなるでしょう。

INS(アイエヌエスエコシステム)の総評

⇒INS(アイエヌエスエコシステム)は、ロシア最大のベンチャー支援食料品納入業者(Instamart)を運営

⇒実態のある会社で安心感もあります。

⇒将来、食料品が全般的に安くなることを期待してINS(アイエヌエスエコシステム)に投資するのもアリでしょう。

⇒投資は自己責任で!

INS(アイエヌエスエコシステム)が購入できる仮想通貨取引所は?

INS(アイエヌエスエコシステム)は現在は国内の仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入する場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【INS(アイエヌエスエコシステム)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでINS(アイエヌエスエコシステム)などの草コインが購入できます!