草コイン:POWR(パワーレジャー)の概要

仮想通貨 パワーレジャー

⇒POWR(パワーレジャー)はエネルギー関連の草コインです

⇒POWR(パワーレジャー)はブロックチェーンベースを利用したP2P(ピアツーピア)のエネルギー取引プラットフォーム

⇒POWR(パワーレジャー)の仕組みを使って、消費者や企業は余剰の太陽光を仲介者なしで近隣の人に売ることが可能

⇒POWR(パワーレジャー)のプラットフォーム内で流通するトークン(仮想通貨)を「POWR」と呼びます。

⇒通貨単位は「POWR」

⇒POWR(パワーレジャー)は2017年7月5日にリリース

⇒POWR(パワーレジャー)の発行枚数上限は10億枚

⇒POWR(パワーレジャー)の公式ホームページ

⇒のホワイトペーパー

POWR(パワーレジャー)の機能・性能・実用性は?

(スポンサードリンク)



⇒草コインのPOWR(パワーレジャー)はEthereumベースのトークンでスマートコントラクトの機能持つ。

⇒スマートコントラクトのシステムを使って複雑なエネルギー売買、電力売買等の契約も自動執行が出来ます。

⇒POWR(パワーレジャー)には、2種類のトークン(仮想通貨)を持つ。

「POWR」と「Sparkz」という仮想通貨です。

⇒仮想通貨「POWR」はプラットフォームへのアクセス許可のためのトークンです

⇒仮想通貨「Sparkz」は電力購入や電力売却、取引手数料として使われます。

⇒電気を買いたい人や企業はPOWRを購入しPOWR(パワーレジャー)のプラットフォームアクセスして、POWRをSparkzに交換します。
↓↓↓↓
☆そして手に入れたSparkzを電気とを交換出来るという仕組みです。

⇒POWR(パワーレジャー)のシステムは計量データ、取引全般のデータ、資産へのアクセス、送配電の権利、取引決済、ネットワーク負荷の分散、頻度、需要者の対応等の機能をまとめて提供・管理出来る。

POWR(パワーレジャー)の将来性は?

⇒エネルギー関連だけに将来性はあると思います。

⇒ただエネルギー産業は国の規制や既得権者(企業含む)の抵抗などもあるので、そのあたりをどのようにして克服するかにかかっております。

⇒将来性を示唆する様々な好材料も多くあります!

☆オーストラリア政府が820万ドルを投資

☆世界的なプロバイダーのIndra社とパートナーシップ契約

☆オーストラリア国営企業のSynergy社と提携

☆タイを拠点とした日本企業のBCPGジャパンとの提携

POWR(パワーレジャー)の総評

⇒なかなか面白い草コイン銘柄だと思います。

⇒エネルギー関連は将来性も大きいので、POWR(パワーレジャー)の草コインを安値で購入しておくのも面白いかと思います。

⇒個人間で電力の売買ができるようになると考えるとワクワクしますね!夢があると思います。

⇒色々な企業との提携も増えているので、将来もしかしたら化ける可能性も??

⇒投資は自己責任で・・・

POWR(パワーレジャー)が購入できる仮想通貨取引所は?

POWR(パワーレジャー)は現在は国内の仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入する場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【POWR(パワーレジャー)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでPOWR(パワーレジャー))などの草コインが購入できます!