HSR(エイチシェア/エイチキャッシュ)の概要

⇒全てのブロックチェーンの橋渡し存在

⇒HSR(エイチシェア)は、エイチキャッシュと名前変更予定。

2017年にリリースされました

⇒通貨発行上限は8400万枚です

⇒HSR(エイチシェア/エイチキャッシュ)は、システムの違うブロックチェーン同士をつなぐプラットフォームを目指しています。

⇒世界の主なブロックチェーン同士をリンクし合えるようなプラットフォームを作成することを目標にしています。

⇒また「ブロックベースのブロックチェーン」「ブロックレスベースのブロックチェーン」をつなぎ橋渡しをする

HSR(エイチシェア/エイチキャッシュ)の最終目標は世の中の全てのブロックチェーンをつなぎ、情報と価値を交換できるキャリアになる。

(スポンサードリンク)



⇒つまり全ての仮想通貨の中心となる壮大なプロジェクト

HSR(エイチシェア/エイチキャッシュ)の機能・性能・実用性は?

⇒ありとあらゆる仮想通貨(ブロックチェーン)の機能をつなぎ合わせる機能

⇒様々な仮想通貨のシステムを組み込む機能

⇒HSR(エイチシェア/エイチキャッシュ)で今後、実装される機能を一部取り上げると以下の通りです。

DAG(Directed acyclic graph)有向非循環グラフ (仮想通貨のアイオータ/IOTAとバイトボール/Byteballの機能)

PoWとPoSのハイブリッドコンセンサスシステム (仮想通貨のディークレッド/Decredの機能)

DAC(Decentralized Autonomous Corporation) (仮想通貨のダオ/DAOの機能)

ZKP(Zero Knowledge Proof)ゼロ知識証明 (仮想通貨のジーキャッシュ/Zcashの機能)

互換性を持った機能

HSR(エイチシェア/エイチキャッシュ)の将来性は?

現在は開発中なのでこの壮大なシステムが完成するまで何とも言えません

⇒実現化すればブロックチェーン界でかなりの恩恵となることは間違いありませんが・・・。

HSR(エイチシェア/エイチキャッシュ)の総評

⇒既に草コインとは言えない程値上がりしましたが、今は価格は落ち着いておりますので、無理の無い程度に余裕資金で買っておけばよいかも?!

⇒まだ未完成のプロジェクトなので何とも言えません。

HSR(エイチシェア/エイチキャッシュ)が購入できる仮想通貨取引所は?

HSR(エイチシェア/エイチキャッシュ)は現在は国内の仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入する場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【HSR(エイチシェア/エイチキャッシュ)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでHSR(エイチシェア/エイチキャッシュ)などの草コインが購入できます!