ENG(エニグマ)の概要

⇒エニグマとはマサチューセッツ工科大学のメディアラボで研究されて新たに創られた暗号技術をベースにしたプロジェクト。

「Catalyst」というプラットフォームを利用することで誰でも簡単に投資ファンドを作成したり、データを売買が出来るシステム。

(スポンサードリンク)



⇒そのデータ売買にエニグマ(ENG)のコインが使われます。

⇒エニグマ(ENG)の通貨表記は「ENG」

⇒エニグマ(ENG)のリリースは2017年10月

⇒エニグマ(ENG)の発行上限は1億5千万枚

ENG(エニグマ)の機能・性能・実用性は?

⇒スマートコントラクトの改良版である「シークレットコントラクト機能」を搭載しており、暗号化したままスマートコントラクト機能が使える

⇒エニグマの機能はデータを分散して保存できる

ブロックチェーン技術を使う事でデータ保存の分散化を実現出来る。

⇒エニグマの暗号技術を使う事で個人のデータを暗号化して外部から誰にも見られることなく計算処理が可能

⇒つまり個人にとってはプライバシーは完全に保護される。

⇒第三者は一人一人に同意を求めることなく計算結果だけが入手できる。

【エニグマのCatalyst(カタリスト)について】

⇒Enigmaでは、Catalyst(カタリスト)という投資ファンド用のサービスを導入

⇒エニグマ独自のCatalyst(dapps)というシステムを通じて投資データ市場にアクセスでき、仮想通貨ファンドを構築できる

⇒Catalystは仮想通貨市場の値動きや相関などのデータを多数のコンピュータで分散的に保管・計算処理できます。

⇒そして、その値動きや相関データ等をエニグマ(ENG)トークンを使って自由に売買が可能となるプラットフォーム

⇒つまりデータ利用者はENGトークンを支払ってデータを入手できる。

⇒そしてデータ提供者はENGトークンで報酬を受け取れる

⇒Catalystのプラットフォーム上でそのストラテジーを動かして複数の取引所に売買注文を出すことも可能です。

⇒エニグマの「Catalyst」は現在ではベータ版が公開されていて今後多用な機能が追加予定です。

ENG(エニグマ)の将来性は?

⇒世界中で個人情報の保護が重要視されつつある今の時代において、データ保護がしっかりなされるエニグマの技術は需要を増していくでしょう。

⇒今後、仮想通貨ファンドがもっともっと広がって行けばENG(エニグマ)のシステムである「Catalyst」の需要も増していくでしょう。

⇒今後のエニグマの技術開発が進み普及していけば将来性は十分あるかと思います。

⇒エニグマ(ENG)は草コインからメジャーなコインになる可能性もあるでしょう。

ENG(エニグマ)の総評

⇒独自の技術とマサチューセッツの優秀なメンバーによって開発されているだけに、長期的に面白いプロジェクトだと思います。

⇒現在は草コインのレベルですが、今後もっと飛躍する可能性も無きしもあらずです

⇒ENG(エニグマ)のコインも現在はそれほど高く無いのでまとまった数を購入して長期投資するも面白いかもしれません。

ENG(エニグマ)が購入できる仮想通貨取引所は?

ENG(エニグマ)は現在は国内の仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入する場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【ENG(エニグマ)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでENG(エニグマ)などの草コインが購入できます!