EDO(エイドゥ)の概要

⇒ブロックチェーンとユーザーフレンドリーなモバイルアプリケーションサービス

⇒EDO(エイドゥ)とは誰でも簡単に仮想通貨が取り扱い出来るプラットフォーム

⇒1つのシンプルなアプリを使って色々な仮想通貨を保管出来るウォレットとしての機能サービス

⇒1つのシンプルなアプリを使って簡単にICOの参加出来たり。

⇒1つのシンプルなアプリを使って分散型取引所の利用が出来たり。

⇒つまり・・・ブロックチェーンとユーザーの橋渡し的存在

(スポンサードリンク)



⇒ユーザーはスマホなどでアプリをインストールしてウォレットやICO、分散型取引所等のサービスが簡単に利用できる。

⇒EDO(エイドゥ)の通貨表記は『EDO』

⇒EDO(エイドゥ)のリリースが2017年10月

⇒EDO(エイドゥ)の発行上限は約9千万枚

⇒EDO(エイドゥ)アプリはグーグルストアやAPPストアからダウンロードできます。

EDO(エイドゥ)の機能・性能・実用性は?

⇒イーサリアム、ビットコインを含め全てのERC20トークンを一つの共通したウォレットで保管できる。(ウォレット機能)

⇒DEX(分散型取引所)の利用

・中央集権的な管理者不在で金融取引所の利用が出来る。

・アトミックスワップの導入予定。

⇒ICOに簡単に参加出来る

・スマホ一本で参加したいICOを選んでトークンの購入が出来るアプリ

⇒デビットカードの利用

・アプリでデビットカードの利用が可能

・ウォレットに保管している仮想通貨をデビットカードにチャージして使える機能

EDO(エイドゥ)の将来性は?

⇒EDO(エイドゥ)の計画、コンセプトは非常に将来性が高いものと思われる

⇒ただまだ実用化が実現していない

⇒つまり、開発の進行次第で大きく伸びる可能性はある草コインといえます。

EDO(エイドゥ)の総評

⇒既にEDO(エイドゥ)アプリのプロダクトが出来上がっているものもあり開発はしっかり行われている模様

⇒今後更に開発が進んで実用化も進み、多くのユーザーに使われるようになればEDO(エイドゥ)の草コインも上昇すると思われる

⇒一つのアプリでウォレット、ICO、分散型取引所、デビットカードなどが使えるのは非常に便利だと思います。

⇒現状ではアプリで使えるのはウォレットのみですが、今後開発の進行と共にアプリの機能が拡張されていくでしょう。

⇒将来性を見込んで、EDO(エイドゥ)の草コインを少し仕込んでおくのも良いでしょう。

EDO(エイドゥ)が購入できる仮想通貨取引所は?

EDO(エイドゥ)は現在は国内の仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入する場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【EDO(エイドゥ)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでEDO(エイドゥ)などの草コインが購入できます!

(スポンサードリンク)