ZIL(ジリカ)の概要

ジリカ 仮想通貨

⇒ZIL(ジリカ)とはスケーラビリティによるトランザクション問題を解決する技術

⇒つまり、もっと簡単に説明すると送金スピード、決済処理のスピードアップの技術

⇒ZIL(ジリカ)の技術を使う事で決済スピード、送金スピード、送金づまりを解決できる。

(スポンサードリンク)



⇒ZIL(ジリカ)のリリースは2017年

⇒ZIL(ジリカ)の最高発行枚数は126億以上~

⇒ZIL(ジリカ)の発行供給量が65億以上

ZIL(ジリカ)の機能・性能・実用性は?

シャーディング理論にてトランザクション技術の向上

スマートコントラクトを実装

毎秒何千ものトランザクションに対応できるように設計

VISAやMasterCardなどのクレジットカードの従来の集中決済方式に匹敵する技術を目指す。

(テスト段階では・・)

☆クレジットカードの決済スピード:約5000件/1秒

☆ビットコインの決済スピードが:約10件/1秒

☆ZIL(ジリカ)の決済スピードが:約2500件/1秒

※つまりテスト段階でクレジットカードの2分の1のパフォーマンスを上げている。

⇒日常生活での決済機能としても使えるとても実用的なコイン

【ZIL(ジリカ)のシャーディングの技術って??】

⇒ブロックチェーンネットワークをシャードと呼ばれる複数のグループに分散して並列処理を可能にしている。

※結果的に取引速度を上げることが可能。

※イーサリアムもこのシャーディングの技術を取り入れる予定。

【ZIL(ジリカ)のデーターフロー・スマートコントラクトの技術って?】

データフロースマートコントラクトは複数の命令を一度に実行できるというメリットがある。

⇒前述したシャーディングの技術と同じようにブロックチェーン上の取引計算を並行して行うことが可能となる。

⇒よって短い時間で多くの処理が可能となりスピードアップが可能となる。

⇒スマートコントラクトで構築したアプリケーションの処理スピードも向上

ZIL(ジリカ)の将来性は?

⇒日本のベンチャー企業のグローバルブレインと提携

⇒既にクレジットカード並みのトランザクションを実現しているから今後も期待できる。

⇒テスト段階から実用段階にいかに移行するかによって決まる

⇒今後の開発が更に進みロードマップ通りに進めばコインも大きく上げる可能性が高い。

ZIL(ジリカ)の総評

⇒技術的な需要は十分に高いと思います。

⇒現在は10円以下の草コインですが、技術開発が進み実用化が進めば大きく上げることもあります。

⇒多少まとまった金額で購入しても、それほどお金もかからないので1000円分~1万円分くらい買って長期保有しておくのも良いかも?

ZIL(ジリカ)が購入できる仮想通貨取引所は?

ZIL(ジリカ)は現在は国内の仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入する場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【ZIL(ジリカ)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでZIL(ジリカ)などの草コインが購入できます!