GXS(ジーエックスシェアズ)の概要

⇒GXS(ジーエックスシェアズ)はGXBという中国の企業が開発をしているプラットフォーム型仮想通貨

⇒コインの単位は「GXS」

2017年6月にリリースされました。

⇒最大通貨供給量は1億GXS

GXS(ジーエックスシェアズ)の機能・性能・実用性は?

(スポンサードリンク)



⇒GXS(ジーエックスシェアズ)は金融関係の手続きを円滑に進めるためのブリッジ的仮想通貨です。

⇒それ以外には、個人情報や信用データをやり取りするプラットフォーム

⇒GXS(ジーエックスシェアズ)は分散型データ取引所のGXS(ジーエックスシェアズ)で使われる仮想通貨でもあります。

⇒またGXS(ジーエックスシェアズ)のシステムは履歴書や信用データなどを保管して就職や融資評価、審査などに使われる

⇒GXS(ジーエックスシェアズ)のシステムを利用することで個人の同意なしに個人情報を悪用することを防止できる。

⇒つまり、GXS(ジーエックスシェアズ)のプラットフォームを使うことで、あなたの承認無しに貴方の個人情報を売買されたり漏洩されたり、やりとりされることがなくなります

⇒また個人情報の照会にかかる手間を減少できる特質を持つ。

サーバー上に個人データが保管されていないので情報漏洩が防げます。

⇒つまり個人情報に強いシステムということです。

GXS(ジーエックスシェアズ)の将来性は?

1)将来の就職活動に強い!

⇒就職活動等で会社から貴方の個人情報や信用情報の提示を求められた時に、あなたの承認のもと提供することが可能

2)将来の賃貸契約、ローン契約の審査に強い!

⇒賃貸やローンの審査時に貴方の承認の元で貴方の信用情報を提供してすぐに部屋やローンを借りられるようになる。オーナーも信頼性の高い情報をすぐに得ることができる

3)将来の婚活や結婚の情報提供に強い

⇒お見合いやマッチングで知り合った借金が無いか?前科が無いか?など、また趣味などの個人情報をやりとりも出来る。(安心してお付き合いできる相手をゲットできる)

4)既に金融系を中心にプロダクトが出来上がっており収益も出ている

⇒またGXS(ジーエックスシェアズ)に既に100社を超える提携企業があって、金融系(主に保険業界、銀行業界)からも注目されております。

5)将来的に一般ユーザー向けのアプリもリリースされる模様

⇒将来、一般ユーザー向けのアプリが増えて行けば更に需要が増してコインも値上がりする

GXS(ジーエックスシェアズ)の総評

なかなか良いシステムであり、良い仮想通貨(草コイン)だと思います。

将来性があるし、需要もあります。

また既にプロダクトから収益も出ているのは高評価。

投資対象としては良い草コインだと思います。

GXS(ジーエックスシェアズ)が購入できる仮想通貨取引所は?

GXS(ジーエックスシェアズ)は現在は国内の仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入する場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【GXS(ジーエックスシェアズ)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでGXS(ジーエックスシェアズ)などの草コインが購入できます!