草コイン:ONT(オントロジー)の概要

オントロジー 草コイン

⇒ONT(オントロジー)は中国の有力なブロックチェーン技術企業のオンチェーン(Onchain)がリリースした草コインです。

⇒オントロジーはブロックチェーンと企業をつなぐことを目的としたプラットフォームです。

※「生活、社会、企業等」の実世界とデジタル世界をつなぐ公共のブロックチェーンインフラストラクチャを目指す。

⇒オントロジーのプラットフォームで使えるトークン(草コイン)がONT(通貨単位)です。

⇒ONT(オントロジー)は2017年11月にリリース

⇒発行上限は10億枚

⇒人気の仮想通貨のNEOと関連が深い。(姉妹通貨的な位置づけ)

※将来、NEOと統合されると発表。

⇒オントロジーは仮想通貨のインフラストラクチャを目指す

※「仮想通貨のインフラストラクチャ」とは、電気、水道、ガス、その他のサービスなどをブロックチェーンの技術を使って管理していける社会。

オントロジーの公式ホームページ

オントロジーのホワイトペーパー

⇒オントロジーの草コイン価格は?

オントロジーの草コインの現在の価格は以下の通りです
↓↓↓↓

ONT(オントロジー)の機能・性能・実用性は?

(スポンサードリンク)



⇒基本的にはイーサリアムやNEOと同じ機能+アルファ

※ブロックチェーン+スマートコントラクトの技術

⇒次世代のマルチチェーンパブリックチェーンインフラストラクチャプラットフォームを目指す

※つまりブロックチェーンを駆使したインフラの構築

※電気、水道、ガス、その他の公共サービス等をブロックチェーン技術によって管理・運営

NEOベースなのでトランザクション速度(データ処理速度)が高く仮想通貨ではトップクラスの処理性能を誇る。

⇒オントロジーは分散型ネットワークの知識がない企業にブロックチェーン技術を使用できる仕組みを構築

⇒オントロジーはオントロジーGAS(ONG)というトークン(草コイン)があります。

    ※オントロジーを保有しているとオントロジーGASが少しづつ付与されます。

    ※この機能はNEOとNEOGASと同じですね♪

    ※オントロジーGASはオントロジーのプラットフォームを利用するための燃料です

ONT(オントロジー)の将来性は?

⇒関連銘柄のNEOが将来性がある仮想通貨だけに、ONT(オントロジー)もNEOの人気に乗っかって成長していく可能性が高いです

⇒運営企業のオントロジー社はアリババとも提携しております。

⇒また、その他の有力企業とも提携

☆ベンチャーキャピタル企業の「Accomplice」

☆シンガポールの企業「Tembusu Partners」

⇒ONT(オントロジー)は将来はNEOと統合すると発表しているので、NEOが将来も健在であればONTも十分に将来性ありでしょう。

ONT(オントロジー)の総評

⇒非常に話題性があり、現在人気の草コインです。

⇒将来性も期待されております。

10ドルを超えて草コインの枠を超えております。

⇒ONT(オントロジー)と姉妹コインであるNEOの将来性を期待して、まとまった数量を投資しておくのも面白いでしょう。

⇒ただ現在(2018年5月)はONTの相場が過熱しているので、少し落ち着いて下がってから買うのが良いかと思います。

⇒人気があるからといって高値つかみは控えた方が良いです。

⇒投資は自己責任で!

ONT(オントロジー)が購入できる仮想通貨取引所は?

ONT(オントロジー)は現在は国内の仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入する場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【ONT(オントロジー)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでONT(オントロジー)などの草コインが購入できます!