ADA(エイダコイン)について

良きにせよ、悪きにせよ色々大きな話題になった仮想通貨であり、草コインでもあります。

ADA(エイダコイン)はCARDANO(カルダノ)というオープンソースの分散型プラットフォームの通貨です。

世間では「エイダコイン」と呼ぶ人が多いですが、正確な通貨の名前は「ADA」です。

ADA(エイダコイン)はCARDANOプロジェクトという名でプレセールが行われ、非常に注目されて話題になりました。

大きな話題になった理由はイーサリアムやビットシェアーズなどの仮想通貨の開発に携わった天才数学者のチャールズ・ホスキンソン氏がADA(エイダコイン)の開発に携わっていました。

その為、数ある草コイン、アルトコインなどの中では時価総額が高いコインでもあります。

一時期、時価総額が10位以内にランクインしたこともあるくらいです。

今は人気も相場も落ち着いているADA(エイダコイン)ですが、次に暴騰するのはいつか?!

ADA(エイダコイン)の概要

☆通貨名⇒ADA(エイダコイン)

☆通貨略号⇒ADA

☆通貨公開日⇒2017年10月

☆発行枚数⇒450億ADA(市場流通量は320億ADA)

☆公式サイト⇒ADA(エイダコイン)の日本語公式サイト

☆ADA(エイダコイン)のホワイトペーパー⇒日本語のホワイトペーパー

(スポンサードリンク)



ADA(エイダコイン)の機能・性能・実用性は?

⇒オープンソースな分散型ブロックチェーン

⇒スマートコントラクトのブロックチェーン技術

⇒CARDANO(カルダノ)と呼ばれるオンラインカジノのプラットフォームで利用される仮想通貨(カジノチップに使われる)

⇒ダイダロスというウォレット(ADAコイン、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシックも管理することができる。圧倒的な送金速度を誇る)

⇒高性能のスマートコントラクト「Plutus」が利用可能~税金、ガバナンス、コンプライアンスなど複雑な契約も管理可能。

⇒マイニングはPoS(Proof of Stake)方式を導入

⇒ウロボロスという独自のPoSアルゴリズム

⇒CARDANO SETTLEMENT LAYERという階層化されたブロックチェーン(TCP/IPみたいにロックチェーンを階層化することでビットコインやイーサリアムよりも機能が優れた仮想通貨を実現しようとしております)

ADA(エイダコイン)の将来性は?

今後ADA(エイダコイン)を使ったシステムの開発が進み、良いニュースが起こったり、話題になったりすれば大きく暴騰する可能性を秘めております。

同じ草コインの中でトロンと同じく良きにせよ悪くにせよ何かと話題を振りまいてくれる人気草コインでもあります。

時価総額も高めで仮想通貨投資家の多くの人が注目している草コインなので、ちょっとした好材料で騰がることもあるでしょう。

今は相場は落ち着いていてそれほど高くないので日本円で約30円位なので、「安値で仕込んでおいて長期投資」しておくと将来面白い展開になることもあるでしょう。

ADA(エイダコイン)の総評

一時期、「ADA(エイダコイン)は詐欺だ!」と噂されたこともありますが、よくよく調べてみれば詐欺ではありません。

ただプロモーションの仕方が少し行き過ぎた感じがしますね。

しかし確かな技術を持った仮想通貨であることは間違いないので興味のある方は安値で買っておくのも良いでしょう。

ADA(エイダコイン)が購入できる仮想通貨取引所は?

ADA(エイダコイン)は現在は国内の仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入する場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【ADA(エイダコイン)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでADA(エイダコイン)などの草コインが購入できます!