アイオタ(IOTA)の草コインについて

アイオタ(IOTA)の概要

⇒2016年にリリースされた草コインです。

⇒スマホやパソコンだけでなく車や家電、その他の家具など日用品などのあらゆる物をインターネットに接続するという構想で開発されております。

⇒通貨単位=「IOT」

⇒IoT(アイオタ)はInternet of Thingsの略です。

⇒今後普及していくであろうIOT関連銘柄だけに注目度の高い草コイン。

⇒一時期、時価総額が11位まで上がったこともあります。

⇒現在でも草コインの中では時価総額は高めです。

アイオタ(IOTA)の機能・性能・実用性は?

(スポンサードリンク)



⇒アイオタは実はブロックチェーン技術を持たない仮想通貨です。

⇒ブロックチェーン技術を持たない代わりに「Tangle」という技術を使っております。

⇒IOTAはIoT(モノのインターネット)の世界に革命をもたらす技術。

⇒IoT(アイオタ)を使う事で全てのモノがインターネットなどで情報管理でき効率化が可能。

⇒取引承認のアルゴリズムは「Proof of Work」です。

⇒アイオタに実装されているTangleというシステムは取引をする者同士で承認する仕組みで、それによって承認スピードをアップさせている。

⇒Tangleの技術はIoTデバイス間のデータ通信や記録を最適化するために開発された技術です。

⇒Tangleの技術を利用することでIOT間のデータ取引の度に発生する少額の取引手数料を無料にすることが可能

⇒Tangleの技術を利用する事で1つの取引を行う度に「POW」方式で承認が行われる。よって不正や改ざんも防止出来てセキュリティ性も強い。

⇒リアルタイムの支払いが可能

手数料が無料を実現

アイオタ(IOTA)の将来性は?

⇒多くの大手企業に認められているから有望視されている

⇒アイオタは今後普及していくであろう「IoT」の関連銘柄だけに将来は有望だと思います。

⇒問題はこのプロジェクトがどれだけ実用化されるかにかかっております。

⇒IOTの普及とアイオタのプロジェクトが進展していけばアイオタの草コインも更に上がるでしょう。

アイオタ(IOTA)の総評

草コインの中ではトロンエイダコインと共に人気があり時価総額は高め。

上場で一時期500倍まで高騰したこともあります。

このアイオタの草コインで「億り人」になった人も沢山おります。

今は仮想通貨全体の規制が世界で進んでいてアイオタの価格は落ち着いておりますが、再び仮想通貨熱が増してきた場合は間違いなく上げていくでしょう。

安い今の内にまとまった分量を買っておくと良いと思います。

アイオタ(IOTA)が購入できる仮想通貨取引所は?

アイオタ(IOTA)は現在は国内の主要仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入したい場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【アイオタ(IOTA)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでアイオタ(IOTA)などの草コインが購入できます!