草コイン:XLM(ステラ)の概要

⇒XLM(ステラ・Stellar)は人・銀行・決済システムをつなぐプラットフォームです

⇒草コインXLM(ステラ)はリップルの個人版の仮想通貨と言われております(リップルは主に法人企業向け)

⇒XLM(ステラ)は2014年7月にリリース

⇒XLM(ステラ)の発行枚数上限は1000億枚(年1%増加)

⇒XLM(ステラ)の公式サイト

⇒XLM(ステラ)のホワイトペーパー

XLM(ステラ)の機能・性能・実用性は?

(スポンサードリンク)



⇒XLM(ステラ)は分散型ハイブリッドブロックチェーン技術

⇒草コインのXLM(ステラ)は利用者の目的に応じて「ドル」や「ユーロ」といった法定通貨は勿論のこと、「ビットコイン」や「イーサリアム」、「リップル」等の仮想通貨と換金可能

⇒Rippleは世界の大手金融機関などの法人利用を目的としておりますが、XLM(ステラ)は主に個人向けを目的としております、

⇒XLM(ステラ)は海外をまたいだ送金に強みを持ちます。(リップルと同じ)

⇒XLM(ステラ)は、送金者したい場合はパソコンやスマホを使って送金操作が簡単に可能。その時に「円→ステラ→ドル」という手順で受取人に送金され。送金手数料は凄く安く済みます。しかも送金も早いです!

※つまりXLM(ステラ)はリップルと同じ送金時のブリッジ通貨的な役割を果たします。

⇒XLM(ステラ)の開発当初はリップルを基に開発されました

・したがってソースコードはリップルと同じでした。

・しかし、その後「SCP」という独自のプロトコル・システム(Stellar Consensus Protocol)を開発。

・XLM(ステラ)の承認システムは独自のSCPで行われております。(リップルよりも性能が高いそうです)

XLM(ステラ)の将来性は?

非常に将来性がある草コインです。

⇒なぜならリップルと同じく世界の大手企業との提携があるからです。

・IBMと提携

・フランスの送金業社のTEMPOと提携

⇒リップルと姉妹コイン的な存在でもあり、リップルの値上げに連動しやすい

・リップルも将来性がある仮想通貨なので、リップルの人気に乗って値上がりしやすい

XLM(ステラ)の総評

⇒実用性、将来性、普及度共に期待が出来る草コインです。

⇒将来、更に値上がりする可能性は大いにあります。

⇒安い時に大量に仕込んでおけばあるいは・・・!!

XLM(ステラ)が購入できる仮想通貨取引所は?

XLM(ステラ)は現在は国内の仮想通貨通貨取引所では取り扱っておりません。

購入する場合は海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所(BINANCE)で取引が可能です。

バイナンス取引所は数分で簡単登録できます

【XLM(ステラ)の草コインの入手方法の手順】

1)まずは国内仮想通貨取引所のZAIF(ザイフ)取引所の口座開設をしましょう(ビットコインを使って草コインを購入するので)

ZAIF(ザイフ)取引所の口座開設はこちらです☆

2)同時に草コインが豊富で人気の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所の口座も開設しましょう!

バイナンス取引所の口座開設はこちらです☆

3)国内のZAIF取引所でビットコインを購入します(これが草コイン購入資金となります)

4)ZAIF取引所で買ったビットコインを⇒バイナンス取引所に送金します

5)バイナンス取引所にビットコインが着金したらそれでXLM(ステラ)などの草コインが購入できます!