草コイン:STORM(ストーム)の草コインの概要

⇒STORM(ストーム)はブロックチェーン上でタスク(仕事)をマッチングするアプリを提供

・仕事をしたい人と、仕事を依頼したい人をマッチングするということです。

⇒通貨単位:STORM

⇒リリースは:2017年11月

⇒発行枚数は最大100億枚

⇒ERC20(イーサリアムベース)の草コインです

⇒公式サイトはこちらです

⇒ホワイトペーパーはこちらです

(STORM(ストーム)の現在の価格とチャートはこちらです☆)

STORM(ストーム)の機能・性能・実用性は?

⇒ブロックチェーン上でクラウドソーシングなど仕事のマッチングのサービスを行います。

・仕事をしたい人と仕事を依頼したい人を引き合わせます。

⇒STORM(ストーム)で仕事をこなすと、ワーカーは草コインである「STORM」が報酬として得られます☆

※最近人気の「ランサーズ」や「クラウドワークス」や「ココナラ」などのお仕事マッチングサービス等が「クラウドソーシング」といいます。

※「ランサーズ」や「クラウドワークス」や「ココナラ」はブロックチェーン上ではありません(仲介業者を介しているので手数料が高い)

※しかし、STORM(ストーム)のアプリならばブロックチェーンの特質を生かして、仲介業者を介さずサービスの提供が可能(手数料が格安で済む)

※STORM(ストーム)のアプリならばタスク(仕事)に対する報酬の支払いも早い

・ブロックチェーンの特質を生かしてリアルタイムで報酬が受け取れます。

⇒STORM(ストーム)のマッチングアプリで仕事をこなせばこなすほど「経験値(bolts)」が上がっていきます。

※この経験値(bolts)はSTORMの草コインと交換する事も出来ます。

※仕事を請け負う人も経験値が上がるのでモチベーションの維持につながる

STORM(ストーム)の将来性は?

⇒将来性は高いと思います。

・なぜなら、クラウドソーシングは今後の仕事形態の主流になっていくからです

・企業も人を雇うよりもクラウドソーシングなどを使い外注で仕事を依頼できるので人件費の節約になります。

・インターネットを使って自宅で仕事をしたい人も増えているので、需要があります。

STORM(ストーム)の総評

⇒いかにマッチングアプリを世に広げることが出来るかにかかっている!

・将来性はありますので、後はいかに多くの人にSTORM(ストーム)のアプリを使って貰えるかにかかっているでしょう。

・今後期待は出来そうなので、少し投資対象に加えておいても良いと思います(^^)

・私も少額ですが買っています。

STORM(ストーム)の草コインが購入できる仮想通貨取引所は?

STORM(ストーム)は日本国内の仮想通貨取引所では入手できません。

購入する場合は海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

世界最大級の海外仮想通貨取引所のバイナンス取引所で購入が可能です!

海外の仮想通貨取引所の口座開設は非常に簡単です。

誰でも今すぐ5分位で出来ますので開設してみましょう!

誰でも出来る!草コイン(マイナーで格安な仮想通貨)の簡単な購入方法