草コイン:LINK(チェーンリンク)の草コインの概要

LINK 仮想通貨

⇒LINK(チェーンリンク)はスマートコントラクトを全ての外部システムとAPIに接続し、接続問題を解消するためのプラットフォーム。

※簡単に言うとスマートコントラクトの欠点を補う為のシステムです。

※つまり、スマートコントラクトが今まで不可能だった外部情報を接続出来るテクノロジーです。

※現状ではスマートコントラクトは確かに画期的で素晴らしい仕組みですが、あくまでもブロックチェーン内の中でのみ有効で外部のツールとは接続や契約など出来ません。

※そのスマートコントラクトの限定的な欠点を補う為のシステムがLINK(チェーンリンク)です。

⇒LINK(チェーンリンク)のプラットフォームで利用できるトークン(草コイン)がチェーンリンクコインです。

⇒LINK(チェーンリンク)の通貨単位は「LINK」

⇒リリースは2017年6月

⇒発行枚数上限が10億枚

⇒チェーンリンクの公式サイトがこちらです

⇒チェーンリンクのホワイトペーパーはこちらです

【チェーンリンクの価格とチャートはこちらです】

LINK(チェーンリンク)の機能・性能・実用性は?

(スポンサードリンク)



⇒LINK(チェーンリンク)を利用することで、外部のデータやAPI、銀行決済システムなどの重要なリソースにアクセスすることが可能となります(スマートコントラクトの欠点を補える)

※図で表すとこんな感じです
↓↓↓

⇒クロスチェーンの機能

※例えばビットコインやイーサリアムなどお互いに異なった仮想通貨の橋渡し的存在になる。

※現状ではビットコインとイーサリアムを交換する場合は、取引所を通して手数料を払って交換しております。
↓↓↓↓
※しかしLINK(チェーンリンク)のシステムを使う事で異なる「チェーン」を「クロス(結びつける)」する事が出来ます。
↓↓↓
※それはどういうことかというと・・・
↓↓↓↓
取引所を通さずに仮想通貨の交換が簡単に可能となる。

☆LINK(チェーンリンク)の仕組みを使う事で、簡単に銀行の海外送金システムや、外部の色々なアプリケーション自由にアクセスしたり、クレジットカードやPAYPAL、海外送金で物を購入することが可能。

☆海外の商品などを輸入する時も法定通貨の支払いの代わりにビットコインなどの仮想通貨で支払ったりすることも出来ます。

☆LINK(チェーンリンク)は外部リソースとの橋渡し的役割を果たしております。

LINK(チェーンリンク)の将来性は?

大いに将来性は期待できるのでは無いでしょうか?

つまり現状のスマートコントラクトの欠点を見事に補えるシステムだけに、スマートコントラクトの普及と二人三脚で発展しそうな感じがします。

橋渡し的なシステムとして「RIPPLE(リップル)と競合するのでは?」という懸念の声も聞きますが、そもそもリップルとは技術的に違う土俵なので競合はしません。

LINK(チェーンリンク)の総評

チェーンリンクのシステムのコンセプト、技術的な強みなど総合すると草コインとしてかなり有望ではないかと個人的に思っています。

『将来もしかしたら・・・・!』という可能性を秘めていると思います。

だから私もチェーンリンクの草コインは「買い」ですね!

今は数十円で買える安値の草コインなので、少しまとまった金額でガツンと購入して寝かしておきたいです♪

LINK(チェーンリンク))の草コインが購入できる仮想通貨取引所は?

LINK(チェーンリンク)は国内の取引所では扱っていません。

世界最大級の人気仮想通貨取引所のバイナンス取引所で購入出来ます。

誰でも簡単にバイナンス取引所で草コインを購入できる方法はこちら☆

草コイン投資はハイリスク・ハイリターンです。

自己責任のもと投資を行ってください!